半径3m内の世界

ひたすら食べ物を愛で、考えるブログ

「勉強が出来るようになるには」について徒然考えたこと

 たまに勉強についてひどく真剣に考えることがあります。

以前書いた下の記事もそう。

m-chou0618.hatenablog.com

 今回は「勉強が出来るようになるには」ということへの私なりに考えていたことです。

これがあの頃出来ていたならば、今も人生が変わっている最中ではなかろうか。

近道も裏技もない。とてもシンプル。

そのプロセスは悲喜こもごもだけれど。

成績がいい(解ける問題が多い)生徒ほど授業中は淡々としてる。まるで仕事している大人みたいに。

先日とあるアンケートに答えたのですがそこに仕事で遣り甲斐を感じる時はどんな瞬間ですかという質問がありました。「自分の助けがいらなくなったのを見た時」と回答しました。誰かに感謝されることが目的ではない。自分がいらなくなるという事が子供達の自立であり、力が伸びるという事であると心から思います。