半径3m内の世界

ひたすら食べ物を愛で、考えるブログ

好きはどんな好きでも尊い

自分以外の人が、何を1番大事にしてても全然いいと思う。大事に思っている事の話聞くの楽しいし。ただ誰かの大事や好きを馬鹿にするな。どんな好きになり方でもいいじゃないか。馬鹿にするな。

何かを好きでいることを否定されたら悲しい。私も数学が大好きなのだがその話をすると聞いてもいないのに「俺数学嫌いだった、むり」と苦い顔をされることは珍しくない。学生時代のトラウマだろうけど。なぜ映画やスポーツと同じように数学が好きなだけでそんなこと言われなきゃならないんだろうと少し前まではいちいち少し悲しくなったものです。

f:id:m-chou06181120146:20150722012116j:image

一番必要なものは自分の承認だけで、自分の承認があれば批判のない世界で生きられることも最近はわかってきた。

 夏野菜のグリル美味しかったな。夏も美味しいものたくさん食べたな。幸せだな。毎日毎日いい日だ。ひょっとしたら悪い事も嫌な事も起こってるのかも知れないけれどぜんぜん気がつけない。いい事ばかり溜まっていく。望む未来も希望もたくさんあるし、現状に不満もないしむしろ毎日幸せだし、今に繋がってるならきっと過去だってこれで良かったしかけがえのない瞬間は山ほどあった。私の人生すごいな幸せばかりだ。

おうちに一人でいても家族といても毎日が健やかなんだから、誰かと一緒にいても健やかに暮らせる気がするんだよ。恋愛してなくてもっていうのは当たり前なのかもしれないけどさ、私は今年それを上手にできるようになる練習みたいな日々だと思う。ちょっと前まで一人でも楽しい自分にこだわりすぎて家族と過ごす時間息詰まるなって思っていたんだけど最近はとても楽しいよ。どっちも楽しくていいんだなって当たり前のことに気がついただけだけど。まるで一つのモノしか持てないと思っていたんだ。

他人に対する不安や心配など聞きたくない。今は目の前の人が何が好きかが一番知りたい。誰かが好きなものについて話しているのを聞くのが好きなんだ、そう親友に話したら「それはきっとM蝶が好きなものの話をしているのがみんなにとって魅力的なんだと思う」と言ってもらえた。自分と他人は鏡のようなものだから、と優しい彼女は言った。 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村