菓子がないなら下僕になったら?

ひたすら食べ物を愛で、考えるブログ

最後に報われるのは逃げずに「いた」君自身だから

 
 

 

 

 

 

 

この先のためにやらなきゃいけないことをずっと放って生きてきたよう人生でした。本当に今の自分も、未来の自分も丸ごと大切にするということを放棄してきた。

もちろんいままでのことも全て自分が決めてきたことで何一つ誰かのせいに出来るものではないんだけど、本当に自分の幸せのために生きる事を自然に選んでこれたかというと自信はないんだよね。本当に未来のことを真剣に考えてきたらここまでは放置しなかったであろうこと、たくさんある。刹那の幸せに甘えて、その幸せを続けていこうという意思はどれくらいあっただろうか。

 

自分の声を聴くという挑戦

なんとなくしていた気が乗らない事をしないというのに挑戦中。

 

返事をしなければならないと思ってしていたLINEの返信は、本当にしたい人としたいタイミングでしかしない。好意を感じても感謝したければするし、それで自分の気持ちを無理に恋愛にもっていく必要はない。その時の私が会いたければ会うし、会いたくないなら会わない。外界に対して不快だと思う気持ちを許す。嫌だと思った自分に許可を出す。同じくらいうれしいと思うこと、好きだと思うことに許可を出す。その時感じた自分でいいのだと、認める。ふたをせずに。過去教えてもらって好きになったものを否定しない。何かを好きな自分は、楽しいと思う気持ちはそのままでいい。

そんなのみんな当たり前にやってることなのかもしれない。私は今年は自分1年生な気がするんだよ。自分のこと大切にする学校1年生。

学校のスローガンは自分が愛していた人にしていたことを自分に与える。

 

 

f:id:m-chou06181120146:20150407232704j:plain 

 大好きなアニメの2期が始まって大騒ぎしています(一人で)

顔本にもTwitterにも書いて大喜び。君にしかわからなくったて楽な道は選ぶな。本当にしたいことはきっと怠惰に楽なだけではないと思う。

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村