半径3m内の世界

ひたすら食べ物を愛で、考えるブログ

料理をしてあげたいと思う理由



f:id:m-chou06181120146:20150301085015j:plain
f:id:m-chou06181120146:20150301085027j:plain
f:id:m-chou06181120146:20150301085039j:plain
f:id:m-chou06181120146:20150301085053j:plain

私いままで「誰かのためにしか料理って出来ない」って思ってたのね。自分ひとりのために料理するとテキトーにやったり、美味しく出来なかったりして、誰かのために作るならお得意の見栄とか料理上手な子って思われた方が愛されるかなとか思ってた。見栄も見栄で立派なもので、それのおかげでここまで自由に料理というものを扱うことが出来たからぜんぜん感謝してるんだけどね*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭*

で、突き詰めるとやっぱり「愛されたかった」んだよね。私は。誰かのために料理をするのは自分のために料理をしてほしいって自分が言ってるってことだったんだよね。それを無視してテキトーなもの食べててごめんよ。ごめんよ私。

だからこれからは私が、私のために、私が食べたいものを作って他の人にそれを分けてあげることにしたんだ。


誰かに何を思うかを突き詰めると、自分が自分にどうしてあげたいかってことなんだってやっとわかってきたよ。