半径3m内の世界

ひたすら食べ物を愛で、考えるブログ

内観して出会う自分

餃子を焼くのが上手くなるには待つのが大事という話

餃子を焼くのが得意だ。というか餃子は小麦粉をといた水で蒸して、こんがり羽が出来るまでフライパンの上で我慢させしていればきっと誰でもパリッパリの全面羽付きの餃子が出来ると思う。なんでもないことを得意だと宣言するところが私のいいところ。餃子を…

トンカツと揚げ浸し…揚げ物が被ってしまった

美味しいもの食べると元気が出ると思う。元気が出なくても「お!なんやこれうま」みたいになって苦しさからちょっと悩みから気がそれると思う。落ち込んでる人がいたら、そうなるような料理が作れたらいいなと思う。手作りのホッとする感じとうわっ美味しい…

モノを作るペースを上げたいという話

朝ごはんはタラコパスタ。玉子と牛乳の液にタラコたっぷり入れてちょっと火にかける。卵に火が入りかけたくらいで盛って黒胡椒をひいて大葉を散らす。生クリームやチーズがあればよかった。基本的に冷蔵庫にあるもので戦う主義なのでない時はない。大葉の風…

エアロバイクはじめました

美味しいものを美味しく食べられる身体でいたい。 近年食べ物に付随するものがとっても好きになった。お酒も、料理も調理器具も、器も調味料も。最近ハンドブレンダーを買ったのは記憶に新しい m-chou0618.hatenablog.com 今日ハンドブレンダーについてたチ…

お酒の事があまりわからないという話をする。

お酒が好きだ。若い頃はよく飲んだ。よく飲んではいたがそれは本当にお酒がすきなわけじゃないだろうという飲み方だった。要は酔えたらいい、酔ってふわふわ楽しくなりたい、そんな目的だった。 そんな頃でも好きなお酒が偏ってきて、ワイン好きだってわかっ…

「勉強が出来るようになるには」について徒然考えた話

学生の試験勉強が終わって社会人になってもなにかを学ぶ機会は多いです。それが座学だけではなく技術的なものであったりしても何かを習得せずに働くことはできないと思います。学ぶという事について考える機会が多い中で、学ぶことの「容量の良さ」はどこか…

縮小する世界と反比例して増す手触り

生きれば生きるほど己の手に負える世界は広くないことに気が付くし、そう自覚すればするほど手触りのある幸せに気が付く。 慌ただしい繁忙期が終了し、やっと大幅に時間が増えた。忙しいときほどやりたいことや決めたいことが思いつくのにいざ時間が出来ると…

「勉強が出来るようになるには」について徒然考えたこと

たまに勉強についてひどく真剣に考えることがあります。 今回は「勉強が出来るようになるには」ということへの私なりに考えていたことです。引用部分は当時の自分のTwitterから。 これくらいの集中力と精度で勉強してたら人生違ってただろうし、これから変わ…