半径3m内の世界

ひたすら食べ物を愛で、考えるブログ

九州旅行⑤由布市の湯の坪街道と由布の癒 友里

f:id:m-chou06181120146:20190209133440j:image

二日目は湯布院の観光地「湯の坪街道」を散策。お土産見て別府にも足を延ばす予定だったけど人力車に乗ってたらこのまま湯布院ゆっくり見て次の宿のお部屋でのんびりすることにこういう予定変更もいい。無理しない。
f:id:m-chou06181120146:20190209133256j:image

人力車から見る由布岳。湯布院で一日中晴れて由布岳がきれいに見える日は年間80日くらいしかないんだって!晴天ぽかぽか陽気、風が気持ちいい。
f:id:m-chou06181120146:20190209133242j:image

蝋梅。花弁が半透明で蝋のように見えるから蝋梅って名が付いたそうです。かわいい。1月に花が見られるなんて北海道じゃ無いなあ。
f:id:m-chou06181120146:20190209133251j:image

湯の坪街道で食べ歩き。
f:id:m-chou06181120146:20190209133519j:image

黒豚肉まん。ジューシー美味しい。
f:id:m-chou06181120146:20190209133431j:image

大分牛のコロッケ。甘め。サクサクで美味しい。
f:id:m-chou06181120146:20190209133203j:image

大分名物とり天。スナック感覚
f:id:m-chou06181120146:20190209133222j:image

本日のお宿。由布の癒し友里。全室離れの一軒家、内湯・露天風呂つき。いつでもすぐ入れる露天風呂最高。ハキハキした力強い青年のスタッフが迎えてくれます。

hpdsp.jp

f:id:m-chou06181120146:20190209133302j:image

露天風呂からの眺め。本当に天気よくて気持ちいい。
f:id:m-chou06181120146:20190209133246j:image

夕食は個室で。
f:id:m-chou06181120146:20190209133212j:image

見て、再びのお酒がいくらでも飲める前菜たち…。人力車のお兄さんが湯布院には料理研究会というものが存在していて、どこの宿をはしごして止まっても小鉢一つかぶらない仕組みになっているそうです。
f:id:m-chou06181120146:20190209133231j:image
f:id:m-chou06181120146:20190209133207j:image
f:id:m-chou06181120146:20190209133216j:image
f:id:m-chou06181120146:20190209133236j:image
f:id:m-chou06181120146:20190209133445j:image

大分特選牛の牛鍋。お肉柔らかくて飲める…。サシが入りすぎてないのもうまみしっかりで美味しかった。
f:id:m-chou06181120146:20190209133227j:image

デザートまでペロリ。大分本当に美味しい食材だらけで強かった…。f:id:m-chou06181120146:20190209133435j:image

筆が遅くて長くかかってしまいましたが新婚旅行に関する記事はこれで終わりです。夫の仕事の都合上、5日間のお休みなんてもう取れないかもしれないので二人でひたすらゆっくり旅行できたことは一生の思い出になりました。大きなトラブルなく楽しく過ごせてうれしかったです。九州は何食べても美味しい。素晴らしい土地でした。願わくばまた二人で九州に行きたいな。

新婚旅行の全記事

 

m-chou0618.hatenablog.com

m-chou0618.hatenablog.com

m-chou0618.hatenablog.com

m-chou0618.hatenablog.com

m-chou0618.hatenablog.com

 

九州旅行④大分湯布院夢想園

福岡柳川地区を出た後、この度の最大の目的地である大分湯布院へ。高速道路の移動も慣れたものです。しかし九州は広いね!道南の小さな街に住み、遠出をしない生活を続けてると県の大きさって函館市と大差ないだろみたいな気持ちになるので、道外に出向くたびに「県ってでかいな!!!!」って当たり前すぎることを思います。今回湯布院には二泊、一泊目は露天風呂がとても広い!と旅行会社の人に教えてもらった「山のホテル夢想園」に泊まります。フロントがある母屋とは別の離れのお部屋でした。

f:id:m-chou06181120146:20190209132220j:image

ちょっと…
f:id:m-chou06181120146:20190209132137j:image

広すぎません…???

f:id:m-chou06181120146:20190209132211j:image

こんなしゅごいお部屋泊まったことない…

f:id:m-chou06181120146:20190209132147j:image

こたつ!!!こたつがある!!(生粋の道産子のためこたつにほとんど入ったことない)福岡の部屋と広さのギャップが凄くて逆に荷物をどこにおいていいか分からない…。ここでひたすらダラダラするんだ…!旅行手配した時には食事は食事処で、という話だったはずなのにお部屋食になっててありがたみ…(昇天)

f:id:m-chou06181120146:20190209132158j:image

露天風呂は外の通路を通っていきます。
f:id:m-chou06181120146:20190209132817j:image

露天風呂、広くて由布岳が一望出来てよかった…。湯布院のお湯は暑すぎなくて無味無臭なのですが私はそこが好き。温泉として成分がきつすぎないから長く入っても肌を痛めないところがいい。
f:id:m-chou06181120146:20190209132227j:image

お風呂からでたところの風景。情緒ある。
f:id:m-chou06181120146:20190209132821j:image

お部屋の前。
f:id:m-chou06181120146:20190209132812j:image

待ってましたのお夕食。この一番最初に出てくる盛り合わせ大好き。永遠にお酒飲めそう。とくに一番端のホタルイカの雲丹醤油焼きが最高だった。ホタルイカってこんなに美味しかったんだ…!感動。
f:id:m-chou06181120146:20190209132231j:image

お刺身は大トロ、中トロ、鯛。鯛の歯応え好き。トロも最高。
f:id:m-chou06181120146:20190209132202j:image

椀物、温まる…。
f:id:m-chou06181120146:20190209132133j:image

ゆり根とシイタケとクリームソースを柚子の器に入れて焼き上げたグラタン。
f:id:m-chou06181120146:20190209132206j:image

金目鯛と筍の煮物。金目鯛ふわふわ…。
f:id:m-chou06181120146:20190209132945j:image

大分牛のステーキ。ここでのがっつりお肉嬉しい。ご飯下さい。
f:id:m-chou06181120146:20190209132152j:image

メインは黒豚のしゃぶしゃぶ。黒豚様はすごいよね。
f:id:m-chou06181120146:20190209132215j:image

揚げ物はフグとタラの芽。一番好きな山菜。湯布院は温泉宿のご飯が量多いよ!と聞いてたのですが私達食いしん坊夫婦にはぴったり。しゃぶしゃぶの締めに麺とかが付いてないのも引き際がよくていいなと思いました。お酒もたっぷり飲んで夫とゆっくり話して幸せな夜でした。
f:id:m-chou06181120146:20190209132143j:image

接客も細やかながら控えめでお宿の雰囲気を大切にしてる素敵な宿でした。朝食は省略しましたが美味しくて元気の出るご飯。ご飯おかわりしちゃった。チェックアウトまでお風呂に入ってみたりひたすらゆっくり過ごせました。またいつか湯布院に来れたときもう一度泊まりたい。

www.musouen.co.jp